〜 ひかるちゃんとえほんをつくろう!〜


このプロジェクトの目的

● こどもたちにとって

 ‐ 想像することを楽しむ

 ‐ 創造することを楽しむ

● 保護者さんたちにとって

 ‐ こどもたちの想像力を伸ばすうえでYes,Andな関わり方を学ぶ

 

「のばといあん」は、樋榮ひかるが2012年12月に創作した絵本です。

「のば」という名前の由来は、No,but(えー、だって、、)。

「いあん」という名前の由来は、Yes,And(うん、いいね)。

「え~、、むずかしい、、、」「やだ~、、だって、、」と考えるより、「いいね!じゃぁ~」って考える方が自分もまわりもしあわせになれるね!

というコンセプトのもとに描いた絵本です。

 

社会や世界が大きく変わろうとしているこの時代、自宅で過ごす時間が多くなり、恐れや不安が社会を包み込んでいるような雰囲気の中で、すこしでも日々を楽しめる一環として、この「えほんをつくろう」プロジェクトを始めました。

 

「のばといあん」から、こどもたちの無限の想像力を発揮して、たくさんのストーリーとキャラクターが生まれています。

関わってくださるこどもたちやそのご家族のみなさんにとって、唯一無二のえほんが生まれていくことを願っています。

 

ちなみに「のばといあん」は、まだ出版されていません。


よみきかせ

*絵のないバージョンです

よみきかせ

*絵のあるバージョンです

「のばといあん」

さく・え ひえ ひかる



こどもたちと創る「のばといあん」とそのおともだちたち


第1回目のオンライン講座は、「えのない絵本」としての「のばといあん」のよみきかせを行いました。
そして、その「えのない絵本」から、想像した「のばといあん」を描いていただきました。

参加してくださった想像力豊かなこどもたちから生まれた多種多様な「のばといあん」は、作家のイメージを大きくひろげてもらえる瞬間でした。


第2回目のオンライン講座は、2012年に描いた絵をつかった「えのある絵本」の「のばといあん」のよみきかせから始まりました。

今回のお題は、この絵本の中の主人公である「のばといあん」のおともだちを描こう!でした。

様々なキャラクターが生まれて、オンラインの向こうで、作家にみせるためにコンピューターの前に並ぶこどもたちの姿はとても印象的でした。

また、「のばといあん」のどちらとお友達になりたい?

という問いもかけさせてもらいながら、行動心理学を研究するものとしては、それもまた学び深い時間となりました。

当日の講座については、こちらのnoteにも綴りましたので、よろしければご一読ください。
https://note.com/yesand/n/n477ce77bfb70




ギャラリー:第2回目の講座から生まれました「のばといあん」のおともだち


第3回目は、みんなで世界を広げました


ダウンロード
のばといあんのおともだち
6月にうまれたいろんなキャラクターを使って
ものがたりが発展しています。
のばといあんのおともだち.pdf
PDFファイル 871.6 KB


第4回講座からうまれた絵たち

第3回目で、こどもたちの発想が無限にあちこちに飛んで行って楽しかったのですが、もはやわたしの能力ではまとめるには収集がつかなくなったので、、、笑、、

 高校生のみんなとやっているオンライン哲学カフェでもテーマになっていた「多角的視点」のワークをとりいれました。

その導入として、わたしの大好きな「大きな木(The Giving Tree)」をよみきかせさせてもらって、「みんなが木だったら、どんな木になる?」を絵にしていただき、そこから木を主人公にものがたりをつくりました。



第5回講座からうまれた絵たち

第5回目では、再度『のばといあん』を読み聞かせさせていただいてから、今度はみんなのオリジナルものがたりを創ろう!

という方向でそれぞれが主役のものがたりをはじめました。

実は、のばもいあんも私。

のばなときの私。いあんなときの私。

自分の人生の主役は自分!そんな想いを込めて、これから数回かけて、それぞれのこどもたちがなりたい自分をものがたりの主役において冒険をはじめます。きっとどのものがたりも最高にキラキラしていることでしょう。

今回は、そのものがたりの主軸となる主役のキャラクターを描き始めています。


☝第5回目の講座の様子はこちらからご覧いただけます。


第6回の講座から生まれた絵たち

第5回でうまれたそれぞれの主人公たちの、それぞれの冒険やものがたりの続きが生れました。
今回は、みんながどこから参加しているかなどを日本地図をつかって自己紹介。
島根のHちゃんが生んだハンバーガーのドレトチフィッシュくんと大阪のLちゃんが生んだプリンセスまきこが出逢うものがたりが生れたり。こどもたちの想像力と創造力に脱帽です。



次回は、12月12日(土)13時半~15時です

お申し込みは、マナビー(林亮子さん)まで直接お願いいたします。メールアドレスはこちらになります。


共催団体ご紹介