足ひっぱるより 手ひっぱれ 

 

これは2006年に出逢ってしまった島根県海士町で農業、畳屋、渡船などなど目の前にあるものはなんでも活かす方法を考える島宿但馬屋のじっちゃんの名言です。

 この言葉に勇気づけられ、わたしも足ではなく手をひっぱり続けられる人間でありたいといろんなことにとりくんできました。

また、同時に、同年、出版しました「Yes,andですべてはうまくいく(幻冬舎)」の冒頭のことばどおり、いつ死んでも自分の人生最高だったとおもえるように一瞬一瞬に120%を注ぎ、大切に生きて

きました。

 

先日(2016年11月末)受信した人間ドックの乳房と肝臓に影がみえるため追って精密検査をとなり、あらためて自分のこの世に生まれたミッションやこれからの人生をどのように生きていきたいかを考える機会と受け止めました。

「死ぬまでにしたい100のこと」なんてリストをつくるのを思いだし、リストづくりをはじめてみて気づいたことは上記の通り、いつ死んでも後悔しない人生をといろいろやってきていて、やり残したとおもうことはほとんど思い出せなかったんです。

そんなふうにいろいろ考える中で、やはり最終的に願うのは「おもいやり溢れる社会」の創生に貢献したい。特に、こどもたちのためにもっと生きやすい社会創りや仕掛けを企てく、それは学校を創る

ことというビジョンがうまれました。

そんなこんなで、樋栄ひかる(H)とYes,(And)で一緒になにか生んでみたい。という方と手と手を組んでプロジェクトを立ち上げたり、わたしができることなら手を差し伸べたり、、そんなことをしたいなと想いこのサイトを立ち上げました。

左図にありますようにわたしはとてつもなくEXTRAVERT(外向的)な性質で、人と関わることでエネルギーがどんどん湧き自分の力を発揮できるんです。
職人気質なわたしは人とコラボレーションすることで活かされ、それが自分らしい生き方・ハタラキ方。

オーガニックにつながり、一緒になにかを生んでみたいな・・・とピンとくるかた。ぜひこちらまでご連絡ください。

 樋栄ひかる

 

エデュテイナー

学びと遊びの場のデザイナー

MC/イベント企画&運営

Faculty Developer

インプロヴァイザー(即興パフォーマー)

フラダンサー

Life as YOGA & 呼吸YOGAインストラクター

食養生コーディネイター