タイトル:教育力向上セミナー

    (傾聴編/プレゼンテーション編)

対象者:塾講師、教員、教育者

 

セミナーをご参加頂いてのご感想をまとめました。

+++++++++++++++++++++++

今までは自分が言いたいことを押し付けようとしていたことに気づきました。塾の先生で、子どもたちの気持ちをくんであげることで、解決できることがあるのではないかと思いました。

また、初めての人と初めての場所で、自分の考えをためらいなく、話せた。Yes, and できる環境のおかげだと感じました。

 

自立学習教室 塾講師

+++++++++++++++++++++++

先入観、固定観念など、自分の潜在意識を発掘し、発見し、気付かされる機会となり、とても有意義な時間を過ごせることができて、幸せな気分になりました。明日のため、将来のために近づいていくきっかけの節目となり、ありがたく受講できました。ぜひともより多くの方々に共有されるよう願うばかりです。


塾講師

+++++++++++++++++++++++

今日は本当にありがとうございました。傾聴の奥深さを体験を通して、腑に落とす時間でした。はっとすることがたくさんあり、普段の自分自身のコミュニケーションを振り返り、反省する時間でもありました。楽しく、元気になれる素晴らしいレクチャー、ワークショップをありがとうございます。

 

企業研修講師

+++++++++++++++++++++++

楽しかったです。コミュニケーションって何?傾聴力って何?が非常にわかりやすく、経験を通して、実感できました。相手の意見を取りに行くことの大切さがわかりました。

 

企業研修講師

+++++++++++++++++++++++

傾聴という言葉をほとんど知らなかったですが、相手の言葉を受け止める姿勢を学ぶことができてよかったです。

Yes, andで話を進める方法をワークを通して知ることができたと思います。また、プレゼンテーションの方法について

何も分かっていなかったことを知りました。人に伝えたいこと、それによって相手を「変容」させることがプレゼンテーション

の目的であるということは衝撃でした。

楽しい会でうれしかったです。ありがとうございました。

 

塾講師

++++++++++++++++++++++++

実際に教育の現場で応用できる「聴く力」や「yes, andする力」だけでなく、

日々のコミュニケーションで肝になるようなスキルを身につけられたと思います。

この講座を日本の学校の先生、塾の先生が受けたら、

日本の子どもがニコニコと活力と自信に満ち溢れた世界になると思います。

 

大学4年生女性

+++++++++++++++++++++++

新学期には少しアイスブレイクを取り入れてはいましたが、単なるイベントで終えてしまい、生徒同士のつながりまでいっていなかったと自覚できました。

なんとなくではんく、整理してみることができてよかったです。自分がまてない性質だと痛感しました。でも知ることで、またここから前進できるのがうれしいです。

 

中学校教師

+++++++++++++++++++++++

プレゼンテーションの定義→人を変容させる。を知ることができたことは大きな収穫でした。

単に自分の考えをとうとうと相手に話すことではなく、いかに考えを変容させることができるかが、成否のポイントだと知りました。

 

記憶力・瞬時にまとめる力に課題

自分が劣っている点、すなわち養わなければいけない点を把握することができました。

 

総括しますと、時間が一瞬にすぎました。

普段、当たり前に使っている「コミュニケーション」についてより深く理解ができました。

今後、子どもたちの指導に使いたいと思うと同時に、自分自身も啓発していきたく思います。

このような場を設けていただいたことに感謝いたします。

 

塾講師

++++++++++++++++++++++++

Yes,and はゲームを通してわかりやすく内容が理解できました。塾で、今不足していることを気づかせてもらえたと思います。今後塾に戻って生徒のやる気の部分が変わると思います。ありがとうございました。

 

塾講師

++++++++++++++++++++++++

コーチングやファシリテーション等、いろいろな手法がありますが、その中心の中心、核の核にYes, andがあるなぁと感じました。大変勉強になりました。ありがとうございました。

 

塾講師

+++++++++++++++++++++++++

日頃のコミュニケーションは「話すことに集中しやすいから、傾聴を意識する。」と人に言いながら自分が傾聴できていないことに気づきました。

まず、「受け止める」(yes )を意識に行きたいと改めて思いました。

 

企業研修講師

+++++++++++++++++++++++++

Yes, and というシンプルな概念だが、人として大事なことを学べた。

相手のことを受け入れて、それを受けて言葉に出したり、行動に移したりするのが簡単そうで、なかなかできない。

Yes だけになってしまったり、andだけになってしまったり。

教えるだけでなく、普段の生活でも大切なことだと思いました。

人も時代も変わり、教えていれば、勝手に学んでくれるような、それでも許されるような時代ではない。

自分を知り、傾聴することから、教育が始まるのかなぁと思った。

 

大学院生

+++++++++++++++++++++++++